きれいなまつげ

まつげの成長を促す方法は複数ありますが、中でも効果が優れると言われているのがまつげ育毛剤です。れっきとした医薬品で、臨床試験により生やす効果が実証されているのが特徴です。しかし、医薬品ゆえに基本的には医師からの処方が必要であり、多くの場合は美容系の医療機関ではないと処方を受けられません。そのため入手のハードルがやや高く感じられることもあるでしょう。

ところが実はもっと簡単にまつげ育毛剤を入手する方法もあり、個人輸入を行うことこそがその方法です。海外から購入をするのが個人輸入の特徴で、この場合は医師の許可なく手に入れることができ、手軽に医薬品を入手できることもあって利用者数も増えているのです。しかも現地価格で買うことが可能ですので、医療機関で処方を受けるよりも安価に済みます。入手が簡単、そして価格も安いというこれらの利点が、個人輸入を選ぶ人が増加している大きな要因と言えるでしょう。個人輸入代行によってルミガンを通販できるサイトもあるので、非常に簡単に購入することができます。

なぜ日本では医師からの処方が必要な医薬品を許可なく手に入れることができるのか気になるところかもしれません。これは、海外で受けた薬物治療の継続をするため、または海外旅行者が常備薬を携行することへの配慮といったものが理由に挙げられ、一定の範囲内ではあるものの、個人でも特例で処方薬を通関させることができるのです。

ただし、個人輸入を利用する上でのいくつかのルールもあり、まず数量制限の決まりが挙げられます。薬機法によって輸入をできる数量には決まりがありますので、例えば外用剤なら一品目が24個、医薬品なら一ヶ月分といった制限内での輸入にとどめなければいけません。制限を超えてしまうと没収対象となってしまうので注意が必要です。

自分で使用する目的に限定されることも知っておきましょう。人に売るためだったり、誰かの代理で輸入をしたりすることは禁止されています。あくまでも、自分で使う場合にだけ、個人輸入は許可されていますので、必要な人が自ら手続きを行い購入しなければいけないのです。そのほか、全て自己責任での輸入となる点への理解も必要不可欠であり、これらを把握した上での活用が大切と言えます。

個人輸入で医薬品を買える理由やルールなどにはこういったものが挙げられますが、内容への理解を深めておけば特別難しいものでもありません。輸入自体は代理会社が全て行ってくれるため、購入者は特別な手続きをする必要もなく、一般のインターネット通販感覚で利用できます。日本語対応をしている個人輸入通販サイトもあるため、外国語の問題で苦労をすることもないでしょう。